Life Is Very Difficult

May honest folk proper.

Uncertainty and Originality

There is one thing that I have been agonizing over recently: whether or not I will manage to submit my dissertation this year. However, as it turned out, the problem is not that I am worried and diffident about my ability but that I am too desperate to alleviate the anxiety and turn to others for help. For my supervisor, when I asked him for advice today, told me that I have to make up my mind about what I am not certain of and that the decision will make my reasearch original. It is Bertrand Russell who says that teaching how to live without certainty is the chief thing that philosophy can do for those who study it. It seems that I haven't studied it enough to be capable of living without certainty.

最近悩んでいることがある。それは自分が修士論文を今年提出できるかどうかである。しかし、判明したことだが、問題なのは、私が自分の能力について心配していて自信がないことなのではなくて、不安を低減したいと必死になり、人に助けを求めて頼ってしまうことである。というのも、今日指導教官に助言を求めたところ、「いま自分が不安に感じていることに関して自分で決断をしないといけない。その決断が君の研究をオリジナルなものにするのだ」と言ってもらえたからだ。不確かさを抱えて生きることが哲学が哲学を研究する人に対してできる主なことであると言っているのはバートランド・ラッセルである。どうやら私は勉強量が足りなくて、まだ不安を抱えて生きることができないようだ。